毛深い男は結婚後に嫁に嫌われる?床に落ちる毛を見てイライラする女たち

毛深い男は結婚後に嫁に嫌われる?

毛深い男は結婚後に嫁に嫌われる?床に落ちる毛を見てイライラする女たち

毛深い男は結婚後に嫁に嫌われる事があるそうです。

・・・というか、僕の友達がまさにそうです。

彼は胸毛や腹毛は生えていないのですが、すね毛や腕毛が濃く、嫁にすごい嫌がられているとのこと。

床に落ちている毛の量にイライラされると言っていました。

喧嘩・カップル・イライラ

最初は友達は冗談半分かと思っていたらしいのですが、どうやら本気で嫌がられているようで、ため息をつきながらコロコロ(ゴミ取りテープ)をされるとのこと。

嫁にしてみれば、結婚する前までは一緒に生活していなかったからわからなかったのですが、結婚した後に「何この毛は?」「なんでこんなに床に毛が落ちているの?」と驚かれたそう。

きっとお父さんがムダ毛が少ないツルツル男子だったのですね。

友達はため息をつきながらコロコロされる嫁を見て、なんとも言えない気持ちになるとのこと・・・。

自分は胸毛・腹毛脱毛したとは言え、スネ毛や脇毛などは普通に濃いままなので・・・、友達の話を聞き、気をつけたいと感じました。汗

 

ネットでも奥様たちの毛深い夫へのボヤキが止まらない。離婚問題にも!

女性・怒る

このムダ毛が床に落ちてイライラする嫁の話。

「友達の嫁が神経質なだけなんじゃん?」

と自分は思っていたのだけれども実はそうでもなく、ネット上を見てみるとたくさんの女性たちがこの床にムダ毛が落ちている問題で頭を悩まされているようです。

例えばこの方。
かなり深刻に旦那様のムダ毛に悩まされているようです。

毛深い夫に悩んでます。
私の夫は、かなり毛深く、全身毛だらけです。胸毛はもちろん、腕毛、背毛、尻毛、脇毛、すね毛…もう、ホントにすごいです。
掃除しても掃除しても、家中いたる所に大量の毛が落ちています。しかも、自分では掃除しないし、落としっぱなしです。
洗濯物は、洗濯しても毛が取り切れず、大量にタオルや洋服についています。お風呂から上がり、タオルで体を拭くと、必ず夫の毛が体についてしまいます!ハッキリ言って嫌です。
毛深いのは生まれつきだから仕方ないですが、一緒に暮らしてる人がいる以上、自分が撒き散らしてる毛を多少なりとも掃除すべきと思いませんか?
うちは共働きで、私は今、妊娠八ヶ月。夫より早く出勤し、夫より遅く帰宅。大きくなったお腹をかかえ、買い物して帰っても、夫は毛だらけの部屋で寝転んでゲームしてるだけ。
コロコロで自分の毛を取れというのは、おかしいでしょうか?
引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10101879260

相当イライラしていますね。汗

でもこの旦那様と同じように、僕もムダ毛を落としっぱなしですね。

もうその生活(ムダ毛が落ちてしまうこと)が当たり前になっているので、別にイライラもしないですし、そりゃ掃除機はかけますが、ムダ毛の1本や10本はしょうがないと思ってしまいます。生きてるんだもの。

でも元々他人の嫁からしたら、イライラしてしまうのでしょうかね・・・。

結婚当初、「なぜ、夏になると短い毛がたくさん落ちてるのだろう?」と思っていました。
が、旦那が短パン履いてるせいだと気づいたとき、ちょっとキモチワルイ・・・と思ってしまいました。
私の兄は体毛が薄く、父は短パンなどを履かないため、実家ではなかったのです。
そして、十数年。
子供は男の子が2人のため、落ちているすね毛は3人分。
ここまで来ると笑うしかないです。
引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10101879260

キモチワルイ・・・。
ま、そうですよね。他人のムダ毛ですものね。

この男の子2人もムダ毛が濃く、3人分のすね毛で床が埋め尽くされていく話には笑ってしまいました。笑

自分もムダ毛が濃いので、もし結婚して将来男の子が生まれる事があったら、そのような状態になるのでしょうか。笑

ちなみに自分の家は父も弟も毛が濃いので、カーペットにはムダ毛が常に落ちていました。

でもそれが当たり前の環境で暮らしてきたのですよね。

もし結婚する事があったら、このムダ毛問題は心して気をつけたいと思いました。

毛深い旦那だと家中にすね毛とか落ちててやだよね。夏なんか短パンだから大量に抜け落ちててやばい
引用元:http://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=2008406

夏の時期の短パン+すね毛はかなりやばいらしいです。

・・・でも短パンを履いてようが長ズボンだろうが、すね毛の量や抜け落ちる量は変わらないと思うのだけど・・・。

短パン+すね毛がキモチワルイのでしょうね。
こちらも気をつけたいと思います。

「離婚問題に発展しそうなほどすね毛がすごい」
「掃除をしてもしても夫がすね毛を家中にまき散らすのが耐えられなくなったので離婚します」
「浴槽に沈むヤツの体毛(すね毛)を30本ほど見つけ、追い焚きを諦めた。気持ち悪くて掃除さえ断念&全身トリハダ。早く離婚成立してくれ」
引用元:http://suumo.jp/journal/2016/07/22/114529/

なんと離婚問題にまで発展しそうなほどにムダ毛(すね毛)に対してイライラされている奥様方もいるそうです。

多分普段から何か嫌に思う事があっての、すね毛でイライラがMAXに!という感じなのでしょうけど・・・。

ムダ毛が濃い人間として心が痛いです。

 

手取り早い対処法は除毛クリーム!剃るのは厳禁!

そんな床に落ちる毛問題。
手取り早い対処法は除毛クリームであると私は考えます。

除毛クリーム

除毛クリームならば、ムダ毛を溶かして処理をする事ができ、処理した後1週間ほどはムダ毛がない状態が続きます。

肌が弱い方などは除毛クリームの刺激で皮膚の炎症を起こしてしまう可能性があるので注意が必要ですが、

手っ取り早くムダ毛を処理するには除毛クリームが一番効果的だと考えます。

逆にムダ毛を剃ることは絶対に止めましょう!!

というのも、僕自身人一倍に濃い胸毛・腹毛に頭を悩ませ剃っていたのですが、剃り続けることで胸毛・腹毛が鍛えられてしまい・・・、

フサフサ胸毛と腹毛で覆われている残念な身体

こんなにも濃い状態になってしまいました。

毛は刺激(剃る)を受けると、体を守ろうとさらに太く濃くなってしまうのですね。( ;∀;)

要注意!ムダ毛は剃ると濃くなる!

>>ムダ毛は剃ると濃くなる!胸毛と腹毛が酷いことに…後悔【写真】

ムダ毛を剃ることはぜっっっっっっっっっっったいにやめましょう!

将来僕みたいに後悔しますよ。
(僕は後悔しまくった後に永久脱毛を決意して、今は無事ツルツルの胸・腹を手に入れる事ができました。)

除毛クリームはお風呂などで簡単に使う事ができるし、デープとは違い痛みも全くない。

ムダ毛問題で夫婦仲が険悪になるぐらいならば、除毛クリームでサクッ!と処理してみてはいかがでしょうか。

p.s.

毛深い男は床にムダ毛が落ちる問題をそれほど深刻に考えていない事が大半だと思います。
(毛が濃くなりだす学生の頃からそれは当然のことだったし、生理現象だからしょうがないという思いもあるはず。)

旦那様の床に落ちたムダ毛が本気で嫌ならば、怒りが溜まる前に真剣に嫌だということを(キモチわるいと伝えるのではなく、掃除の労力などを前面に押し出した感じで)伝えてみてはいかがでしょうか。

p.s.p.s.

そういえば、ホリエモンも独房に落ちる毛の量を見てうんざりして永久脱毛を始めたとゴリラクリニックのインタビューで言っていました。

独房は狭いですからねー。笑
1:40あたりから話されていますね。


ゴリラ脱毛で人生変わりました!【比較写真】



僕、昔から身体にびっしりと生えた胸毛&腹毛がコンプレックスで人前で裸になることができませんでした。温泉や病院でさえも恥ずかしくて行けなかった。

でもゴリラクリニックの脱毛を受け、生まれ変わりました!

ゴリラクリニック脱毛効果のリアル!【比較写真】


具体的な第一歩としてオススメ!無料カウンセリング

無料カウンセリング:ゴリラクリニックの様子・雰囲気

もしレーザー脱毛(永久脱毛)に少しでも興味があったり、僕と同じようにムダ毛で悩んでいるのでしたら、

僕はまずは「無料カウンセリング」を受けてみることをオススメします。

無料カウンセリングでは、

・レーザー脱毛(永久脱毛)の仕組みとは?
・どのくらいの時間がかかるのか?
・どのくらいの予算が必要なのか?
・痛みや炎症は起こるのか?
・そもそもヒゲ脱毛を受けれる皮膚状態か?
etc...


詳しく聞くことができますよ!

もちろん強引な勧誘なども一切なく、誰でも気さくに足を運べる雰囲気でした。

もし一人でモヤモヤと悩んでいるのでしたら、まずは具体的な第一歩として「無料カウンセリング」オススメです!

話を聞くだけでもスッキリとしますよ♪

無料カウンセリングの様子についてはこちらにまとめました。(・∀・)ノ

ゴリラクリニックの無料カウンセリングを受けてきました!

ムダ毛ごときで人生に制限をかけてしまうのはもったいない!

ぜひお互いにコンプレックスのないスッキリとした人生を楽しんでいきましょうね!

ムダ毛で悩むみんなに知ってもらいたい。

>>僕が受けた永久脱毛!【ゴリラ脱毛】

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ